二重

サイトマップ

二重整形の基礎知識について

キレイな二重まぶたは女性なら誰でも憧れるものです。目は顔全体の印象を大きく印象つける為、理想の目元になる為に二重整形を考えている方もいるのではないでしょうか。二重整形は手術ですから不安もありますし、失敗しない為にも正しい知識を身に付けることが重要になってきます。まず二重整形手術の種類を説明します。二重整形手術には2種類あって、埋没法と切開法とあります。
埋没法とは、まぶたに糸を通して二重まぶたをつくる方法です。この方法は痛みや腫れが少なく手術の時間が短いのでとても人気が高い手術です。しかし、医師の技量によってたまに左右差が生じる等理想のラインにならないこともあるので手術前には念入りなシュミレーションが大切になってきます。
もう1つの方法に切開法がありこの方法は埋没法より強度が高く取れにくいのが特徴です。しかし切開法は腫れや内出血などの生じるので、ダウンタイムが長いことや、元のまぶたには二度と戻せないという特徴があります。切開法はどうしても傷が出来てしまうのでどうしても気になる場合には傷の部分を切り取る手術が必要になってきます。どちらの方法も手術であるという意識を持って、念入りな医師との打ち合わせをすることをオススメします。

二重の手術のポイントとは

目に対してコンプレックスを持っている人は意外と多いです。その最大の原因といえるのがなんといっても一重であるということです。つまりは、二重になりたいと願っている人が多い、ということです。そんなことができるのかとなりますが実は美容整形でかなり綺麗に仕上げることができるようになっています。但し、二重の手術のポイントとなるのは費用と身体に対する負担が大きいです。そして自分がどの程度一重である…

糸が取れにくい埋没法について

二重整形の一つになる埋没法は、糸の本数を増やすことで取れにくい二重まぶたにすることができます。また、糸を絡めて止めることで持ちの良い二重まぶたを作ることもできますが、埋没法の一般的なやり方となる2点止めより抜糸が難しいとされます。そのため、2点止めと比べると手術後のまぶたの腫れが出やすくなりますが、持ちの良い二重まぶたを作ることができます。けれども、糸が取れにくい埋没法でもメスでまぶ…

TOP